FC2ブログ

こはるの喜怒哀愛楽

  動物キチと呼ばれる私のウザいほどの熱くなりすぎるばかりに   空回りな思いを吠えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんなこと


 毎日 忙しく 
 
 仕事で いっぱい いっぱいになって

 飲まなきゃ居られなくなって 泣きながら飲んで

 飲みすぎて つぶれて 二日酔いになった


 そんな翌日の 目覚ましは 友人が自殺したという報告の電話でした。


 身よりのない友人の葬儀をみんなでやろう ということになり

 あわてて身支度をしているところに 今度は来客。


 この くそ忙しい時に誰だ! と 玄関に行くと

 キャリーケースを抱えた 母でした

 「子猫 拾っちゃった~」

 
 こんなときでも やっぱり 猫は優先される。


 キャリーを覗くと 甘えてくる。

 こりゃ どれだけ人懐っこいんだ?


 とにかく レボリューションをして 健康診断をして
 保護ケージにいれた

  CIMG2934.jpg


  CIMG2932.jpg


  キジトラ ソックスの男の子。


  1日 我が家にお泊りをして

  猫仲間のお宅で 保護猫生活。

  20100608223946.jpg


  そのおうちでも 即 息子さんのお腹の上でくつろぐほどの
  
  人慣れっこ君。


 6/20 お見合いが決まっています。



  仕事関係からの 流れで 

  「保護したけど かえないので なんとかしてほしい」

  のSOSで我が家に来た 子猫さんもいました

  201005311059001.jpg


  201005271108000.jpg


  これまた なんということでしょう~

   ってなくらい ちいさくて 可愛い男の子。

  尻尾を骨折していたけど それ以外は問題ない 健康な子。


  私は 最初に保護したという人から 保護代金として2万円を請求しました。

  今現在 私が とてつもなく 忙しいことを理解してくれた猫仲間がまたまた

  手を差し伸べてくれ キジソックスの同じお家に 

  保護猫修行にいきまいた。


  もちろん 2万円も一緒にね。


  お金をもらってきたことや 金額に猫仲間は 驚いていたし遠慮してた

  「この人が保護してくれたから 子猫が助かったんだよ」と

  だけど 私はおもう


  自分で責任持てなくて 人に頼むなら 保護するな

  里親さんみつかるまで 自分で面倒みるならいい。

  こういう活動者を知ってるからと 安易にお願いするなら やめてほしい。

  こちとら 手一杯だ。

  病院にも連れていってないという。

  なおさら請求してもいいとおもう。


  猫仲間のお人よしというか やさしさというか

  その心のきれいさに感心した。


  だって 私はほんとうなら 子猫保護しました~ の言葉すら聞きたくないもの。


  引き取って 里親探しして お渡しするまでの大変さは尋常じゃないものね。



  まぁ  そんなこんな 仕事が忙しくても

  今週も 来週も 現場見に行って 捕獲のお手伝いなんぞのスケジュールパンパン。

  でも 元気に 活動続けていますよ


  
  



 
スポンサーサイト

コ メ ン ト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koharu22.blog86.fc2.com/tb.php/224-ed30752e

 | HOME | 

プロフィール

こはる

Author:こはる

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。