FC2ブログ

こはるの喜怒哀愛楽

  動物キチと呼ばれる私のウザいほどの熱くなりすぎるばかりに   空回りな思いを吠えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬猫問題~行政~

アイラの会の代表のブログ 猫の手に 熊本の松野議員のことが書いてあった。

この松野議員が犬猫問題を取り上げてくれたのが2007年12月

私はこのことを2008/2に知った

その友人から送られた 詳細を書きたいと思います

12月7日の質疑のおかげで、2008年4月から
「動物愛護管理に係る交付税措置」として3.5億円
(標準団体あたり4.7百万円程度)が確保されることになりました。

{施設の犬猫に3日分の餌代補助 国 収容即処分を防止}
asahi・com:朝日新聞の速報ニュースサイト 2008/1/26 15:07

自治体の施設に収容された犬猫に新しい飼い主が見つかった場合
国は ジステンパーや猫伝染背性腸炎などを防止するワクチン代を負担することを決めた

また 施設ですぐに殺処分されないよう3日分の餌代も出す
新年度(2008)から始めて実施する
殺処分数が年間30万匹を超える犬猫に生きるチャンスを与え、殺される数を大幅に減らすのが目的だ。

全国の自治体で殺処分された大半は飼い主の都合で保健所に引き取られたり、捨てられた犬猫だ。

これまで動物保護団体と協力して、新たな飼い主を探す譲渡会を開く自治体もあったが、対応はバラバラで譲渡数は伸び悩んでいた。

収用された犬猫は 飼い主が名乗り出なければ、2~3日以内に殺される例が少なくない。

このため 環境省と厚生労働省は2007年、全国の自治体に収容期間を延ばすなどして

「できるだけ(殺さずに)生存の機会を与えるよう」要請、指導する文書をだした

さらに政府は 地方交付税を改正して、新年度(2008)3.5億円を確保することを閣議決定した。


これにより 国は 引き取り先が決まった犬猫に1匹あたり2300円の混合ワクチン代を負担する。
引き取り先で健康に生きられるようにするためだ。

また 新たな飼い主に出会う機会を広げるため 収容施設に来てから3日分の餌代も負担する

これらの施策は愛犬家の松野頼久議員(民主)が
環境委員会でたびたび提案してきた。

今後10年間で犬猫殺処分数の半減目標を掲げる政府も 新たな発想と対策が必要と判断し、導入を決めた。


昨年2月に 知人が教えてくれたことなので 
古い記事ではあります。

これを読んで 色々と おもうこともまだまだありますが 
実際 松野議員は地元 熊本では殺処分0を実現しています。

愛知は 犬猫の殺処分数 ワースト1
これは連続している。

販売数がNo1で 殺処分数も一番多い。

これはどういうこと?

おもちゃのように とっかえひっかえ?

以前 情報番組で 殺処分される収容所のドキュメントをやっていた。

その中で 「夏休みに海に行きたいけど 猫がいるといけないから」と
子猫を保健所に連れてきた家族の姿があった。

妻が妊娠したから と飼い犬を連れ込む旦那

ボケてきて 医療費がかかるから ハスキー犬を殺してくれと連れ込む飼い主

しつけができなかったから 「いらない」と連れ込まれたジャックラッセルテリア

その番組を録画したが 涙で最後までは未だに見れないでいる

どうなってるんだ?この世の中。






スポンサーサイト

コ メ ン ト

ペット社会

簡単に言ってしまうと『人間のエゴ』なんでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koharu22.blog86.fc2.com/tb.php/142-7c3500e3

 | HOME | 

プロフィール

こはる

Author:こはる

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。