FC2ブログ

こはるの喜怒哀愛楽

  動物キチと呼ばれる私のウザいほどの熱くなりすぎるばかりに   空回りな思いを吠えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ!黒!

初めまして。
こはるです。

子供の頃からあらゆる動物と暮らしてきました。

年を取り、社会にでて、たくさんの現実をみました。

一人でも頑張ってきたつもり。

でも・・・限界はある。

でも・・・限界につまずいていたくない。

そんなとき、Cat pawの存在をしりました。

初活動は子猫の保護。
詳細はCat paw clubのHPにて。

子猫の里親が決まるかどうかのこの時に出会ってしまいました!

H20.11.7 朝6時半。仕事が終わり、いつものご挨拶へ。
向かいのマンションの1階部分に住み着いている黒猫さん2匹の様子をうかがう。
そこはマンションの住民がひそかに餌をやっている。
毎朝私の顔を見かけてはやってくる黒1♂の(ジン)。私の顔を見れば逃げる、その母と思われる黒2♀(ハハ)

今日は少し遅くなってしまったけどいるかなぁ。。。
と顔をだすと、マンホールの冷たい所にうずくまっている。
おかしい・・・
一瞬にして思った。
同じ黒だけにどちらだかわからないが、目つきがきつかっただけにハハの方だと思った。
逃げない・・・おかしい・・・
こんな寒いのにマンホールの上にいる
車から釣り用のライトをもってきてよく見てみる。
「ギャーォ」  鳴き声もジンの声じゃない。  やっぱりハハだ!
どうした?と声をかけながら上からライトを当てる。
マンホールの鉄板ふたの上がびしょ濡れ。。。
しっぽも濡れている。
雨にぬれた?・・イヤ・・・体が濡れてない。

とりあえずネコ缶のおいしいのを購入し、箸で少しだけ口元に置いてみる。
食べようとすると体は倒れそうになり、足がぐらつく。
私は確信した。
事故?病気?
朝早いだけに病院があいてない。
申し訳ないと思い悩んでいたが、背に腹は代えられず代表のりりママに電話。
事情を話すと骨盤骨折している可能性があると。

私の車には子猫の件から車にはキャリーが積んである。
保温シートも軍手もタオルもペットシートもある。
とりあえず保護をし、ママの知っている病院へ行くため保護決定!

HOTの缶コーヒーを2本買い、軍手に入れる。
カイロを買いもむ。キャリーにひいたシーツの下にカイロ2つ。
サイドには軍手に入れた缶コーヒーをいれ、タオルにくるんだ黒猫を入れた。

ママと密に連絡を取り、おちあい、病院へ
暖房をガンガンにした車の中。
ママとの連絡以外は 「がんばれ~!」 「もうすぐだから!」を繰り返した。
あと少しのところで、きついほどに光っていた目が閉じていく。
うずくまる体は横たわっていく。
涙が出そうになるのをこらえて、ママの車を追うわたし。

何度めかのママからの電話。
ママ 「今のとこ左行くと私の家なんですよ。」

私 「そうですか」

ママ 「開院まであと1時間あるからそんなにすぐドウコウでもないから、どこかでお茶でもしましょう」

私 「イヤ!ママこの子やばいです!」

ママ 「そう!なら今から獣医さんの携帯に電話します!」

私 「お願いします!!」

たどり着いた病院の駐車場

ママ 「先生すぐに来てくれるって。」
猫をみて・・・「あらかわいい~元気!元気!暖かいから眠くなっちゃたんだね」

その言葉に少し安心した私。

先生到着。

キャリーから出し、触診。レントゲン。
診察台の上で横にさせ、体をチェックし股を開かせやっと男の子だとわかった。
ハハじゃない!
人に懐いてたジンだ!


0811070056.jpg





スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

こはる

Author:こはる

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。