FC2ブログ

こはるの喜怒哀愛楽

  動物キチと呼ばれる私のウザいほどの熱くなりすぎるばかりに   空回りな思いを吠えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春ですねぇ

先日から 仕事の時間が変わった私。

愛娘 ずー の散歩の時間も 夕方から真っ昼間になりました。

散歩途中に

つくし

を見つけたので、先を急ぐ ずーを待たせて つくし採りをしてきました。

20100321224637


翌日 ハカマ取りをしようとしたら



ブレちゃいましたが、
テンちゃんが興味津々
20100321233812
ユウタも興味津々
20100321233817


なかなか進まなかったハカマ取りですが、しばらくしたら 飽きたのか 二人でひなたぼっこして寝てました。

めちゃくちゃ カワイイ姿で寝ていたけど、お手々真っ黒だったので、写真がとれませんでした


つくし煮たら食べさせてあげたいけど、猫にはダメかな
スポンサーサイト

おさまりつつある

避妊したはずなのに
サカリの始まったドロン嬢さま

朝 夕 のべつまくなく鳴き続け、その声は失礼なことに
『アホー・アホー』と聞こえます。

誰がアホーじゃ

なんて ツッコミを入れながら対応しております。

鳴き続け 疲れて眠る姿は 食べちゃいたいほどカワイイ

20100320223009


そんなサカリも
最近 少し落ち着いてきつつあります。

稀なこと

 
  まぁちゃんが居なくなって 1週間が経ちました。

  寂しさに浸っている場合じゃないことが起きております。


   腰砕けになっております

    [広告] VPS


  
  避妊手術をしたはずの ドロン嬢にサカリがきております。


   最初は まぁちゃんがいない寂しさから 落ち着きがなくなっているのだと思ってました。

   そしたら 日に日に 鳴き方がおかしくなってきて 3日くらい経ったころから

   はっきり サカリ とわかるような鳴き方をしだしました。


   避妊をしていても 子宮のみの摘出の場合 サカリがきてしまうことは解っていたので
   もしかしたら?と思い

   さすがに かかりつけの獣医の先生に電話をして確認しました。

   ・レントゲンやエコーなどで 卵巣が残っているかどうか確認できないか?

   すると

   病気でもないかぎり エコーなどで 
   卵巣が残っているかどうかを確認するのは 難しい

   んだそうです。

   じゃ どうするかというと 

   血液でホルモンの値をしらべて サカリかどうかの判断をする

   だけど 本当に正確に確認するには 開腹しかないのだそうです。

   しかし!

   子宮も卵巣もすべて取ってしまっても 稀に サカリが来るというケースも
   報告はされているらしい。


   タダでさえ 小さい体で FIPキャリア。

   簡単に開腹などさせたくはないので しばらく我慢することにしました。

   もともと ドロン嬢は環境の変化に敏感な子

   なので まぁちゃんの居ない 環境変化になれたら 治まるような気もしていたり。。。


   ドロン嬢の場合 近所迷惑になるような大声ではないし。。


   しかし このサカリの症状は 本人にもストレスを与えるので
   繰り返すようなら その時に考えようとは思います。

   サカリのせいで 食欲も落ちており ちょいと心配ではありますが
   無事過ぎてくれることを祈ります。
   

   

お葬式

ろんたんの葬儀場が決まり 19日 行ってきました。

そこまでしなくても。。。と陰でささやく声も聞こえそうですが

ろんたんは8歳くらいまでは岡山でにぎやかに 田舎の沢山の人たちと過ごし育ってきました。

でも ここは名古屋。

岡山で亡くなったなら もっとたくさんの方に見送ってもらえたのだろうと思うと
なんだか居ても立ってもいられなかった。

私 たった一人かも知れないけど 見送ってあげたかった。

午後からの葬儀・火葬・収骨

癌に侵され、薬・点滴とたくさんの化学物質
ろんたんの骨は とても少なかった。

それでも ろんたんの声がしっかり聞こえていた喉仏はとってもきれいで、
その骨を見た時 これが飼い主さんとろんたんをつなげてきた声だな~って思うと
また 鼻の奥がツーンとした。

とっても素敵なお葬式をあげてくれたメモリアルホール
「小さな森」
オススメです。

それも変か?

今まで介護に明け暮れ 突然なにも無くなったろんたんママ
娘さんも・・・

ペットロスはそこまでひどくなさそうだけど 
きっとさみしい だろうなぁ と

我が家にお誘いして みんなでいろんな具えを考えて
ろんたんママの好きな餃子を作り 餃子パーティーしました。

我が家はカビ菌いるし、娘さんにも実はずいぶん前から移っていたらしい(気を使って内緒にしてた)
ので 我が家はやめておこうと思っていたのですが
娘さんが 猫たちに会いたい! と言うことで開催。

あれだけ レア だった我が家のま~ちゃん。

娘さんにめっちゃ懐いてました。

ま~ちゃん

ごろにゃん




しかも カメラ嫌いで過去10年で1枚しか撮れていないチョコの写真まで撮ってくれた

チョコタン

2cyokotann.jpg




彼女は魔法使いか?

こんなに動物が好きで 動物が心を開くやさしい気持ちを持ってるこの娘さんは
私の2代目になれる!

これから バシバシ 鍛えますぞ!(笑)


う~ん

このブログを書くきっかけとなった 黒猫のジン。
あの子がなくなってから 1か月半。

この子の母親だけは時折姿をみます。

ジンが亡くなって火葬場に持ち込んだ時に 出会った子がいます。
081110_132230.jpg
タヌキです。

火葬場で 私の車の前に突然現れたタヌキ。
車を止め、声をかけても逃げる気配は全くない。

下をうつむいていたタヌキは私の声で顔をあげた
その表情はとても悲しいものでした。
なんせ この子の目はかなり白く濁り 体もふらついていた。

火葬場は山というか森林に囲まれており、タヌキがいても不思議ではない。
車に積んであるキャットフードをあげたかったが、私の車の後ろは霊柩車などがきていた。
あわててその場を動き、車を所定の位置にとめ、ジンを葬った後にもう一度確認したがもういなかった。
あの健康状態が年齢によるものなら命あるものの性なのだが、栄養不良によるものなら。。。
と後味悪い気持ちになった。

世間では クマが人を襲った。猿が、イノシシが、タヌキが・・・と害獣扱いして騒ぐ。

でも、それはすべて人間のせいだと思うのは私だけでしょうか。
高層マンション・高級マンション・テーマパークの建設。村おこしだの何だの理由をつけて
野生動物が住む生活圏である 山を削り、森林を伐採。
その結果 餌が取れなくなった動物たち。
冬眠のための貯えもできなくなった。

昔から人間が生きるため狩りや猟があった。
そんなこんなで野生動物は人間という生き物の怖さはしっている。

好き好んで人間の生活圏にまで行きたくはないに決まっている、
だけど彼らも生きたい!生きていかなくてはならないのです。
本能として危険を感じたり、寿命を悟ると繁殖せねば。。。ともなる。
しかし、生まれたって母には十分な栄養はない。
だんだんと子孫は減る。

そうなってから天然記念物だのなんだの。。。
ほんと人間は勝手だ。

憤りは収まらないが 長くなっても皆さん読みにくいと思うのできょうはここまで。

最後にホットしてください。
081219_173044.jpg

先日 コンビニでもみじまんじゅうを見つけました
和菓子が得意じゃない私ですが どうしてもこのコラボ写真が撮りたくて買ってしまいました。

我が家の愛猫 「紅葉」と「もみじまんじゅう」のコラボ。
撮影終了後に私がおいしく頂きました。

おすそわけをもらえなかった紅葉はこんな風にすねていました。

DVC00074.jpg



 | HOME |  »

プロフィール

こはる

Author:こはる

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。